国債なら心配ない?

安全な投資と言えば、まっさきに思いつくものが国債の購入ではないでしょうか。国庫債券という正式名称がある国債は文字どおり国にお金を貸すということであり、いわば国のお墨付きがある金融商品だと言えるのかもしれません。そのため非常に安全に資産を運用できるということで、国債は発行されるとすぐに完売になってしまほど人気があるものになっているようですが、本当に国債なら損をする心配なく利益を得ることができるのでしょうか。今超低金利時代と言われている不況真っ只中の日本ですが、中には銀行に預けておいても利息がほとんどつかないから国債などで利益を得たいという人もいるようです。実際に国債はローリスクではありますが、場合によっては債務不履行となることも可能性としてはありますので、そのようなリスクのことも十分に知ったうえで購入すべきだと言えるでしょう。日本国債はともかくとして、海外国債の購入を考えている人は、日本国債を購入するよりも高金利が設定されていることから大きな利益を出せる場合もあるものです。しかしながらそのような海外国債のメリット部分の裏側には、外貨であることから為替相場の影響を受けるというリスクなどがあることも知っておくべきだと言えるでしょう。また海外国債では過去にアルゼンチン国債が実質的な債務不履行に陥ったことなどもありますので、安全に投資ができるという訳ではないことも理解しておくべきだと言えるようです。